宇多嶋翔の此れ好日

2018年03月号 vol.9

<セクハラ撲滅> 国連で伊藤さん会見「WeToo」運動提唱    毎日新聞2018年3月17日

2018年03月17日 22:36 by show21up

 

 

官邸や山口氏も、一人の女性がまさかここまで頑張るとは思わなかったのだろう。人間の怒りや悲しみ、底力を舐めてはならない。
詩織さん国連で会見。 https://t.co/XnQxX2USSi

— 清水 潔 (@NOSUKE0607) 2018年3月17日

 

 自身への性暴力被害を告発したジャーナリスト、伊藤詩織さん(28)が16日、国連本部で記者会見した。日本では、性被害を告発した女性に対する反発が「過酷だ」と主張。米ハリウッドから始まったセクハラ撲滅運動「MeToo(私も被害者)」の代わりに、「WeToo(私たちも行動する)」運動を提唱した。

 

 伊藤さんによれば、「MeToo」は日本で大きな運動に発展していない。社会の反発を恐れる被害女性が経験を共有することを尻込みするためだ。伊藤さん自身、告発後、インターネット上などで激しい中傷や脅迫を受けた。自宅に戻れなくなり、人権団体の助けで昨秋からロンドンに移住した。

 「運動の目的は誰かを責めることではなく、未来を変えること」と考える伊藤さんは、より多くの人が運動に参加しやすいように「WeToo」と呼ぶことを提唱したという。

 

https://mainichi.jp/articles/20180317/k00/00e/040/290000c

 

自身への性暴力被害を告発したジャーナリスト伊藤詩織さんが16日、国連本部で記者会見した。日本では性被害を告発した女性に対する反発が「過酷だ」と主張。米ハリウッドから始まったセクハラ撲滅運動「 #MeToo 」の代わりに「 #WeToo 」運動を提唱。

詩織さん、素晴らしい。https://t.co/eSLVGvmo3G

— umekichi (@umekichkun) 2018年3月17日

 

伊藤さんは告発後、激しい中傷や脅迫を受けました。自宅に戻れなくなり、人権団体の助けで昨秋からロンドンに移住しています。「運動の目的は誰かを責めることではなく、未来を変えること」。より多くの人が運動に参加しやすいように「WeToo」と呼ぶことを提唱しました。 https://t.co/F3MMSvwPfO

— 小川一 (@pinpinkiri) 2018年3月17日

 

 

伊藤さんは告発後、激しい中傷や脅迫を受けたという

その結果、ロンドンに移住した

怒りを覚えるのは、これが日本社会の現状ということ

昭和天皇がマッカーサーに宛てた書簡が発表されている

その中で、昭和天皇は日本人の精神構造はいまだに

封建時代にいると指摘している

自分で考えることができず、誰でもいい、誰かに盲従する

ことに喜びを感じるとも言及している

様々な価値観が同居し、様々な意見が交差するところを

コスモポリタンといい今日の国際都市の条件である

日本社会も精神的鎖国から卒業し国際化を迎えてほしい

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ここの大福餅は美味い~

2018年09月号 vol.21

真夏の暑い夜~ゾッと背中が凍るものを見た!!

2018年09月号 vol.21

これ・・・感動した!! <村活宣言>

2018年08月号 vol.18

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.24

このWEBマガジンの発刊は2018年2月・・・つまり今年の2月です。8か月...

2018年10月号 vol.23

異常気象が連続している・・・2年ほど前か?気象庁が異常気象が連続して起こっ...

2018年10月号 vol.22

今月号は写真家★宇多嶋翔の個展・・・enjoy 我ら田舎生活のご案内特集を...