宇多嶋翔の此れ好日

2018年07月号 vol.15

村の再生とは埃に埋もれてしまった村の誇りを掘り起こし輝かせること!  <村活宣言>

2018年07月12日 17:58 by show21up

 

 

村といっても完ぺきな山村とか

漁村には無理かもしれないけど・・・

歴史のある田舎都市には肩を怒らせない

素朴な職人気質とか商売人気質の

店が今でも息づいている

これは素晴らしいのだ!!

と僕は思う

 

これぞ田舎の誇りだし、日本の誇りだと

僕は思う

 

無添加の饅頭を食べたことのある人

何人いる?

いまの時代、生地もあんも無添加で作るのは

どれだけ大変なことなのか??

わかる人がどれだけいる!

 

そう教わりそうしてきたから、ただ

そうしているだけに美学があるのだが

その美学を教え理解できる街人に伝える

のが僕の役目かも知れないのだ

 

添加物で人工的に作られた美味などいらない

石油を食べて美味しいという偽舌には

興味などない!!

 

素朴な味の中に僕は人生を感じるし

人肌の温かさを感じている

今の時代、これほどの贅沢はないと思うが

価値観の押し売りはしたくない

殆どの人が知らないだろう~

無添加の饅頭は、12時間も経てば

あんが固くなり、放置すれば腐ってしまう

もちろん生地もだ

 

だから売れる量しか作らない

売れたら店を閉める

客も買えばその時の内に食べる

今どき、この時間の使い方は贅沢だと思うが

この自然の時の流れに身を置く楽しさを

知れば、人生が変わる

 

こういう店が日本全国にある

そして、どこも潰れかけている

これ潰してなるまい!!

街の合理主義、効率主義の金銭第一主義では

潰れてしまうのだ

でも、これを知る人々、理解できる人々の 

なかには、この時と自然と人の温かさの

伝わる、こういうのが好きでたまらない人々が

いる

 

いくらネット時代だとはいえ

こういう店は今日の宣伝には載らない

合理性や効率性などのリズムが街や金融屋とは

合わない。相性が悪いのだ!

だから、僕が<村活宣言>で宣伝する

こういうのが好きな街人たちに僕が伝える

<村活宣言>とは、そういうネットワークでもある

 

街は世界中で1%のピラミッドの頂点の

人々のために機能している

村は、村に暮らす人々みんなが横一列に

笑顔並ぶのが本当なんだけど、その村も

今では街とのパイプ役の1%が牛耳っている

だから村がどこでも死にかけている

そんな村から本当の村人の村を取り戻そう

街にも1%のピラミッドの奴隷に飽きた人々も

大勢いる。彼らが目指すのは似非村ではない

本当の村を探しているのだ

そんな本当の村をみんなで作ろう

 

興味のある方は~

このマガジンの読者登録をお願いします

マガジン購読者の間で

情報交換したり、情報を共有します!

 

 

<お誘い>

添加物を使用しない・・・

1)飲食店

2)食品製造者

3)食品販売店

からの参加をお待ちしてます

自薦、他薦は問いません

ご参加いただけば宣伝いたします

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ここの大福餅は美味い~

2018年09月号 vol.21

真夏の暑い夜~ゾッと背中が凍るものを見た!!

2018年09月号 vol.21

これ・・・感動した!! <村活宣言>

2018年08月号 vol.18

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.24

このWEBマガジンの発刊は2018年2月・・・つまり今年の2月です。8か月...

2018年10月号 vol.23

異常気象が連続している・・・2年ほど前か?気象庁が異常気象が連続して起こっ...

2018年10月号 vol.22

今月号は写真家★宇多嶋翔の個展・・・enjoy 我ら田舎生活のご案内特集を...