宇多嶋翔の此れ好日

2018年09月号 vol.21

リスボンで46.3℃~~、ヨーロッパが燃えてる・・・灼熱で山火事相次ぐ

2018年08月07日 11:53 by show21up

 

 

記録的な暑さが続くヨーロッパでは、深刻な森林火災が広がっている。静まる気配はない。

そして、この暑さはヨーロッパの国々が長年にわたって取り組んできたもう1つの問題を悪化させている。第二次世界大戦で残った兵器だ。

7月末、ドイツの首都ベルリンの南西部で森林火災の消火活動を行った消防士たちは、地中に埋まっている爆発物にも立ち向かわなければならなかった。

 

 

ベルリンから約22マイル(約35キロ)離れたフィヒテンヴァルデ付近の火災現場では、消防士たちは安全上の懸念からマツの森の中へ入ることができなかった。火災の影響で、すでに何度か爆発が起きた形跡があったという。

火は村まで800メートルに迫ったところで消し止められたが、地中に残された爆発物のせいで、消防士たちは危険な現場で使用する、専用の消火車両を使わなければならなかったという。こうした車両は、戦車をベースに作られることが多い。

火災の原因は捨てられたタバコの吸い殻と見られているが、道路の封鎖や渋滞を招き、消火活動には4日を要した

だが、暑さのせいで残った爆発物の危険にさらされたのは、消火活動にあたったフィヒテンヴァルデの住民と消防士たちだけではない。

 

 

ドイツの熱波がエルベ川の水位を著しく低下させ、第二次世界大戦で残った兵器や爆発物がその姿を現し始めているのだ。マクデブルクでは、1934年に記録した最低記録をわずか2、3センチ上回るほどにまで水位が下がっている。

マクデブルクのあるザクセン・アンハルト州では、こうした手りゅう弾や地雷、その他の武器には触れないよう、警察が住民に呼びかけている。こうした武器は先週だけで5つ、ここ数週間では24も見つかっている。2017年に発見されたのが1年間で12個だったことを考えると、いかに多いかが分かる。

この地域の警察の広報担当は、水辺を歩いている人が偶然発見することが多いが、中にはあえて探しに行く人もいると話している。「それは禁止されていますし、危険です」担当者は言う。

何十年も水の中にあったとしても、武器は今でも使える可能性があるし、埋もれていたり、外側が錆びたりしていても、中に危険物が入っている可能性もある。「見つかった武器というのは、常に危険なのです」

安心はできない

ドイツのザクセン・アンハルト州の気温は7月31日(現地時間)、今年一番の暑さを記録した。2018年7月は今後、ドイツ史上最も暑い月の1つとして記憶されるだろう。この先も、31日を超えるほどではないにせよ、暑さが続く見込みだ。

そしてこの熱波はドイツ国内にとどまらず、ヨーロッパ各地でさまざまな問題を生んでいる。

ポーランドでは7月末、異常な暑さによって海中の有毒なバクテリアが増加しているとして、当局がバルト海沿岸の一部ビーチでの遊泳を禁止した。ライン川やエルベ川では、水温が上がり過ぎて川の魚が窒息死し始めている。

スイスのチューリッヒでは、熱くなり過ぎた地面で肉球を火傷しないよう、警察犬に特別な靴が支給されている。またスイス当局は、森林火災を招く恐れがあるとして、花火大会を中止した。ノルウェー当局は、暑さから逃れようと飛び出してくるトナカイや羊に気を付けるよう、ドライバーに警告している

地中海に面した国々では、数日中に気温が40度に達する見込みがあるとして注意を呼びかけている。

イタリアは中部と北部で、3段階の警戒レベルの中で最も高い「赤」の警報を出している。

2017年に山火事で114人の犠牲者を出したポルトガルでは、記録的な暑さによって、森林火災が発生するリスクが高まっていると当局が警告している。1万1000人近い消防士と56機の航空機が火災の発生に備えているという。

イベリア半島を襲った暑さはスペインを襲い、50県のうち少なくとも27県が高温による「非常に高いリスク」にさらされていると宣言している。

ギリシャでは6月、山火事で91人が死亡した。

 

引用元

 

 

日本も暑いですが
ヨーロッパも暑いようです

リスボンが46.3℃???

これは・・・・・ pic.twitter.com/RGTZXhfdzR

— ウッシー (@katou_hirosh) 2018年8月6日

 

 

 

ヨーロッパ各地の2018年7月の最高気温、日本より暑いやんけ
20年後とかどうなっちゃうんだろう pic.twitter.com/BL3v36XpPY

— Ryohei Hirose (@ryohei_officia1) 2018年8月5日

 

ローマ37度、スペインも40度、ポルトガルは45度。スウェーデンでは氷河が溶ける。ヨーロッパも猛暑が続く。日本もまだまだ暑い。お互い熱中症に気をつけましょう。Canicule : l'Europe dans la fournaise https://t.co/qlNIdr04Xx

— Fonzy (@kazparis) 2018年8月4日

 

僕らにはピンとこないが

クリスチャンの世界では黙示録(予言書)が

非常に最重要視されまさに時のバイブルの

ように信じられている

その黙示録に書かれていたのが

<水の罰>

信じる人々はノアの箱舟を作り

人類は生き延びたとされる

<火の罰>

つぎに起こるのが火の罰とされる

クリスチャンの世界では実際に

準備まで始まっているのだけど

火の罰=核爆発のことか?と

思ってたら、先日、友人から

火と煙~と解釈できると聞いた

それじゃあ、すでに始まってる?

黙示録を信じる多くの人々は

すでに最終章に入ってるという

 

 

関連記事

チベット仏教僧の脳波がヤバすぎる。常人の800倍強烈なガンマ波に学者困惑「科学では説明がつかない」

2018年10月号 vol.24

高齢化対応ができている国ランキング発表・・・ニューズウィーク日本版 ‏

2018年10月号 vol.24

快挙! 徳島の阿波踊り総踊り強行

2018年09月号 vol.21

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.24

このWEBマガジンの発刊は2018年2月・・・つまり今年の2月です。8か月...

2018年10月号 vol.23

異常気象が連続している・・・2年ほど前か?気象庁が異常気象が連続して起こっ...

2018年10月号 vol.22

今月号は写真家★宇多嶋翔の個展・・・enjoy 我ら田舎生活のご案内特集を...