宇多嶋翔の此れ好日

2018年09月号 vol.21

ここの大福餅は美味い~

2018年08月28日 22:26 by show21up

 

 

諏訪の人は断固だ!!
それが結構いい~
諏訪の町には老舗が結構多くある

老舗なんて京都には山とあるし
日本中にあるが諏訪の老舗は・・・
昔ながらの製法で手作りで販売する店が
結構ある~この頑固さが素晴らしい

だから、ここの大福餅には
防腐剤や添加物など一切混入されてない
すべてが本物の食材で自然で素朴な味を調理し
これこそが本物の味でしかも美味い
だから半日経てば固くなり1日置けば腐る
朝は10時か10時半に店を開けるが
たいてい12時には売り切れて店を閉める

この昔ながらの不純物のない素朴なんだけど
伝統の旨さを知る人がいる~のですぐに
売り切れる・・・それがまたいい
この頑固さ、売る人も買う人も頑固がいいのだ

でも、諏訪の人が聞けば気を悪くするだろうが~
一転すれば、視野が狭いので世間が狭く
知識も少ない。そして新しく冒険する勇気も少ない

諏訪湖の周りに立ち並ぶ豪華なホテルは・・・
たったの1軒のみが地元資本で他はすべて東京
すなわち外資で運営されている

諏訪には造酒屋が昔から有名だが・・・
いまでもメイン道路に立ち並ぶが、これも
辛うじて地元資本が1軒、あとは外資~
そして資本が変われば製法も変わる
混ぜ物で味を誤魔化してる

何も知らない観光客が老舗の味は違うなぁ~
と寝言を今日もいう。道路に面した老舗ならではの
店構えも今風の外装デザイン事務所の作品ばかり
頑固というレッテルを悪用した最近流行りの商法では?

もう町が喉元まで乗っ取られているというのに
市議から県議まで呑気なもので~レッテルの頑固一徹で
余所者の話など聞く耳なし~って、すでに余所者が
牛耳る町なのにね

そして地方こそが日本の縮図
こんな偽物商法を諏訪人が歓迎するわけないのに
資本家の権限に反抗できず金に縛られて<笑ってりゃ
放射能など怖くない>の諏訪版をここでも展開してる

全国津々浦々、金に縛られた地方が青息吐息で
<笑ってりゃ放射能など怖くない>の地方版を展開中
尾道などあの豪放磊落で気風のいい商法など今は消えた
なんか都会から流れてきた下種な商法が蔓延してる
それに反旗を翻す地元民もいず情けなや

地方で見栄を切る者ほど地元の良さも強さも知らない
そんな見栄っ張りの啖呵ほど不気味な笑いの止まらない
ものはない

 

 

 

関連記事

真夏の暑い夜~ゾッと背中が凍るものを見た!!

2018年09月号 vol.21

これ・・・感動した!! <村活宣言>

2018年08月号 vol.18

ネットの時代こそ足で稼げる!

2018年08月号 vol.17

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.24

このWEBマガジンの発刊は2018年2月・・・つまり今年の2月です。8か月...

2018年10月号 vol.23

異常気象が連続している・・・2年ほど前か?気象庁が異常気象が連続して起こっ...

2018年10月号 vol.22

今月号は写真家★宇多嶋翔の個展・・・enjoy 我ら田舎生活のご案内特集を...