宇多嶋翔の此れ好日

2018年10月号 vol.24

チベット仏教僧の脳波がヤバすぎる。常人の800倍強烈なガンマ波に学者困惑「科学では説明がつかない」

2018年09月30日 11:34 by show21up

 

 

 

 

 

 

チベット仏教僧の脳波から高いガンマ波を検出 驚異的な数字と学者が困惑

 

 

  • チベット仏教僧の脳波が常人とはまったく別物として、学者が異常さを伝えている
  • 1日中ガンマ波がとても強いらしく、科学はこのようなものに遭遇したことがないという
  • さらに、瞑想中にはガンマ波のレベルがそれまでの700~800倍に跳ね上がったらしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

瞑想中のチベット仏教僧の脳波を調べてみたら大変なことになっていた! 瞑想が脳にもたらす7つの効能を徹底解説!

 

 

瞑想により学習能力、集中力記憶力、注意力が増すばかりでなく、なによりも本人が幸せでいっぱいな気分になっていたのだ。

 

瞑想がもたらす科学的な7つの効能

 今からすぐにでも瞑想をはじめたくなる話題なのだが、「Ideapod blog」の記事では科学的に裏づけされた瞑想の7つの効能を紹介している。

1. 脳を若く保つ
 今年3月にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)が発表した研究では、瞑想が脳神経に多大な好影響を及ぼすことが指摘されている。瞑想を長く続けている人の脳は老化が進まずに若々しく保たれているということだ。

2. 脳の“無駄遣い”を減らす
 何の作業や課題にも取り組んでおらずボーッと過ごしている時でも、実は脳の中ではいろんな雑念や想念が浮かんでは消えていて、それなりにエネルギーを消費していることが最近になってわかってきている。これは脳のデフォルト・モード・ネットワーク(DMN)と呼ばれる脳神経系の働きで、漠然と想像を巡らせたりなどしてこの神経系を頻繁に働かせることは、エネルギーの浪費のみならず、ネガティブで悲観的な思考へと結びつくことが指摘されている。瞑想でこのDMNの働きを抑制することができ“脳の無駄遣い”を抑えられるのだ。

3. 抗うつ薬と同じ効能がある
 ある研究で、瞑想は抗うつ薬と同程度、不安障害とうつを緩和することが指摘されている。そしてもちろん、薬剤と違って副作用はない。

4. 脳の各部のボリュームを変える
 瞑想によって、恐怖や不安をつかさどる扁桃体(amygdala)が縮小し、逆に学習や記憶をつかさどる皮質の厚みが増してくることが報告されている。

5. 瞑想をはじめてすぐに集中力と注意力が増す
 ウィスコンシン大学の研究でもわかったように、瞑想をはじめたばかりの者でも著しく脳機能が向上する。特に集中力と注意力が増してくるという。

6. 不安を和らげる
 瞑想で不安が緩和される。ネガティブな思考を中和していわゆる“心配性”になることを防ぐ。

7. 依存症の克服をサポートする
 さまざまなタイプの依存症からの脱出に瞑想がきわめて効果があることが各種の研究で指摘されている。これは自己コントロール能力が高まるからであるということだ。

 すでに瞑想を実践しているという読者も少なくないかもしれないが、なにかと魅力的な“健康法”であり“脳機能向上法”であり、そして自発的に幸せを感じる方法であるのが瞑想といえそうである。
(文=仲田しんじ

 

 

 

つぎつぎと世界を変えるような

人生を一変するような~大発見がされている

それだけ人間は馬鹿だという証明のような

気もするのだけど、視点によっては人類は

さらに賢者になっていくとも見える

結局は掌で右往左往する人生なのかもしれない

 

 

 

関連記事

高齢化対応ができている国ランキング発表・・・ニューズウィーク日本版 ‏

2018年10月号 vol.24

快挙! 徳島の阿波踊り総踊り強行

2018年09月号 vol.21

リスボンで46.3℃~~、ヨーロッパが燃えてる・・・灼熱で山火事相次ぐ

2018年09月号 vol.21

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年10月号 vol.23

異常気象が連続している・・・2年ほど前か?気象庁が異常気象が連続して起こっ...

2018年10月号 vol.22

今月号は写真家★宇多嶋翔の個展・・・enjoy 我ら田舎生活のご案内特集を...

2018年09月号 vol.21

35万人いた広島の人口が一瞬にして16万人が消えた! 地表温度は3000℃...